FXトレーダー“リョージFX氏”の実力とは?年収・年齢・出身地・師匠は?

YouTubeやTwitterなどで見かける“リョージFX氏”(@fxtengoku)。

FXなどの投機投資で、年間数千万〜億を稼ぐトレーダーです。

ですが、特にFX初心者は「ネットで見たことあるけど、本物のトレーダーなのか?」「ホンモノを見極めが難しい…」という意見が多く届きます。

そこで今回は、FXトレーダー“リョージFX氏”の年収、年齢、出身地、資産推移、師匠などの詳細について詳しく解説していきます。

では早速ですがまいりましょう!



リョージFX氏の経歴とは?

リョージFX氏は、20代後半の会社員時代に30万円前後でFXを始め、10年で億トレーダーになられた方です。

ここでは簡単に経歴をお伝えします。

2010年:会社の同僚がやっていたFXに興味を抱き、リビングでノートPC1台、テレビを見ながら酒を飲みながらFXを始める。

2011年:FXに真剣に取り組み家族に、「3年以内に仕事を辞めてFX1本で生きる」ことを宣言。そして、とあるブログを参考にして学び、勉強仲間グループを作り日々勉強&トレードを重ねる。

2012年:毎日21時〜3,4時まで仲間と共に切磋琢磨したり、当時流行ったメンタルブログを見るも全然勝てなかった。

2013年職場でいざこざがあり、ひょんなきっかけから専業トレーダーへ。(運用資金は300万円)生活費含めると年間マイナス。ただ、2013年の年末頃にバイナリーオプションに出会い、転機が変わる。

2014年:バイナリーオプションを始め、年収支が1200万円に。

2015年:年収支2700万円(バイナリーオプション収支7割超)。

2016年:年収支3700万円(バイナリーオプション収支7割超)。

2017年:年収支2800万円(バイナリーオプションが厳しくなりFXに力を注ぐ)。

2018年:年収支5200万円(バイナリー&FXで稼ぐ)。

2019年:年収支8000万円(バイナリー&FXで稼ぐ)。

2020年:年収支億越え(コロナ相場でFXがさらに開花)。

リョージFX氏は、FXを始めたはいいものの勝てず、代わりにバイナリーオプションで成功を収められました。

そして、バイナリーの会社の規制が年々強くなってきた頃にFXに力を注ぎ始めたらFXでも結果を残されました。

リョージFX氏曰く、

リョージFX

バイナリーオプション(BO)で培った経験から、相場を俯瞰して見れるようになり、チャンスの時だけトレードしていたら自然と勝てるようになった。

と仰っています。流の方はどんなことでも結果を出されるので素直に凄いですよね。

リョージFX氏の出身地や年齢、師匠の存在は?

では次に、リョージFX氏の出身地、年齢、師匠、趣味などについて紹介します。

リョージFX氏の出身地

リョージFX氏の出身地は京都府です。YouTubeの動画内で京都に住んでいると仰っております。

リョージFX氏の年齢

リョージFX氏は、20代後半にFXを始めたと仰っていること、Twitterに「脱サラ10年目」と記載されていることから推測するに30代後半だと予測できます。

リョージFX氏の師匠

リョージFX氏の師匠は、FXブロガーの「兎さん」からブレイクエントリーの仕方を学んだと仰っています。(情報商材屋だと知り離れる)

そして、同僚から勧められたFXブロガーアドさんからFXのイロハを学び、徐々に勝てるようになったとのこと。

リョージFX氏の趣味

YouTube動画内でお酒が好きと仰っていることから、リョージFX氏の趣味はお酒だと推測できます。

ワイン、日本酒、ハイボールが特に好きなようです。

また、奥さんもお酒が好きなようで、一緒にお酒を飲むことを趣味とされています。

お酒以外にも温泉、スポーツ、阪神タイガースが好きなようです。

リョージFX氏がFXトレードで常に意識していること

では次に、リョージFX氏がFXトレードで常に意識されていることをお伝えします。

金額よりもpipsを大切にする

リョージ氏はいくら稼いだというよりも、獲得pips数を意識してトレードをされているようです。

というのも、

リョージFX

「何枚で何円稼いだか?じゃないと、何pips取ったかがわからない」

とのこと。

例えば、100万円の資金の場合、せいぜい張れる枚数は20万通貨。

それだと1pips取っても2000円しか稼げません。

一方で1週間で100万稼ぎましたといっても、2000枚の場合、5pips取れば100万円を稼げる。

1週間で10pips取れれば200万円を稼げる計算になります。(資金が2000万円の場合)

そのため、資金が少ない方は、ついつい10pipsを狙いにいってしまい、損切りを引っ張ったりなどして逆に資金が増えなくなる。

つまり、「円を稼ぐためにpipsを取りに行く」という考え方が大切とのこと。

なので、お金を目標にせず、「1日3pipsを取りにいく」「月に60pipsを取りにいく」と意識されているようです。

チャートの表示方法

リョージFX氏の取引手法は、超短期スキャルピング手法だそうです。

とある記事でこのように仰っています。

リョージFX

自分の特徴は、チャートの表示方法ですね。

上下の値幅が常に70pipsとなるように設定しているんです。

上下70pipsに固定するとパッと見で何pips動いたか分かりやすい。

そのため、小さなローソク足が続いていたら小動きの証拠なのでトレードはしないとのこと。

一方で画面から、はみ出る勢いでローソク足が伸びたら、変動率が高くなっている証拠なのでトレードチャンスになる。

1分足チャートなのに、1画面で1日分の値動きを見ているイメージだそうです。

トレンド発生直後の押し目と戻り

リョージFX氏は、トレンドが出たタイミングで、押し目買いや戻り売りを狙うそうです。

リョージFX

チャートが横ばいに推移し始めたら押し目終了のサインなので、そのタイミングで買う。

利益確定は欲張らずに3〜5pips程度を狙う。

もしも、含み損が膨らむようであればナンピンを続けるとのこと。

また、直近高値を超えて上昇トレンドが発生したら、一度は調整が入ると経験則に従い、下げたタイミングで買うこともあるようです。

リョージFX氏の年収はどのくらい?

先述でも触れましたが、リョージFX氏の年収は数千万〜億です。

下記では、リョージFX氏の今までの収支をお伝えします。

リョージFX氏の年間収支

  • 2010年→0円
  • 2011年→0円
  • 2012年→0円
  • 2013年→200万円
  • 2014年→1200万円
  • 2015年→2700万円
  • 2016年→3700万円
  • 2017年→2800万円
  • 2018年→5200万円
  • 2019年→8000万円
  • 2020年→年億オーバー

月に数千万、年に億を稼ぐ方がリョージFX氏です。

まとめ:FXトレーダー“リョージFX氏”について

今回ご紹介させて頂いたのは、億トレーダーの“リョージFX氏”でした。

FX初心者は誰が本物で誰が偽物なのか?分からない方も多いと思いますが、リョージ氏は本物のトレーダーなので参考にしてください。

リョージFX氏:まとめ

  • 年齢=30代後半
  • 年収=数千万〜1億円以上
  • 手法=超短期スキャルピング
  • 投資歴=約10年前後
  • 師匠=勝っている人のブログ
  • 通貨ペア=ドル/円
  • 専業トレーダー

最後にリョージFX氏のTwitterに書かれているアドバイスをお届けします↓

リョージFX

為替って自分の得意な形をみつけることが難しい。

見つけたとして、そこを待つのが難しい。

さらにそこを待ったのに連敗する→不安になり得意な形があやふやになる。

この辺が難しいんだと思います。

逆に言えばこの辺りをクリアすれば お金増やせると思うんです。

今後も陰ながら応援していきたいですね!

リョージさんの詳細

【関連記事】はこちら▽

FX界で有名なトレーダーって誰?本物のFXトレーダー11人を厳選紹介

2021年4月23日

FXの本物のトレーダーはたった1割?有名トレーダーが使う証券口座を紹介

2021年4月16日

『偽トレーダーの見分け方とは?』知恵を付けて防御するための対処法を紹介

2021年3月6日