LINE FXは資金いくらから始められる?0円(無料)で始める方法を解説

  • LINE FXはいくらから始められる?
  • どんなメリット・デメリットがある?
  • LINE FXはどんな人にオススメなの?

こんな風に、疑問を抱き本記事まで辿り着いたと思います。

そこで今回は、「LINE FXの特徴やどのくらいの資金で始められるのか?」「他社と比べてどんな違いがあり、何が魅力的なのか?」詳しく解説します。

本記事を読めば、LINE FXのメリット・デメリットを酸いも甘いも嚙み分けられるので、納得してFXトレードを始められること間違いないでしょう。

では、まずは簡単にLINE FXの詳細について、簡単にご紹介します。

LINE FXとは?

LINE FXとは、スマートフォンアプリのLINEが提供する、FX口座サービスになります。

LINE FXは、2020年3月にサービスが開始され、2020年11月にはあっという間に“10万口座”を突破しました。

サービス内では、FX以外にもLINE証券があり、株式投資や投資信託なども購入できます。

また、最近は投資ブームの影響から、資産運用としてFXを始める方が増え、会社員以外の収入源を作る方が増加傾向にあります。

特にLINE FXは大手の企業なので、信頼されており人気の高いFX口座の一つです。

口座開設にはLINEアカウントが必要になるので、LINEを利用されているなら、その情報をもとに気軽に口座開設が可能です。

LINE FXでFXトレードを始めた理由

LINE FXでLINEを始めた人達の理由について、データと合わせて紹介します。

LINE FXを始めた理由

  • スマホで利用しやすい→38.8%
  • お得なキャンペーン→37.9%
  • 急変動の通知がLINEで届く→41%
  • LINEから利用できるから→34.3%
  • LINEの通知機能が便利そう→32.8%
  • すぐ口座開設ができる→32.7%

これらの理由からFXを始められる方がほとんどでした。

補足ですが、LINE FXはサービスを開始して、2020年3月〜9月の(8ヶ月間)で10万口座を突破しました。

これはFX界では“新規口座開設数が業界No.1”となり、多くの方が手軽に副業としてFXを始められています。

LINE FXは資金いくらから始められる?

少額資金(数千円)から始められる

LINE FXは実は、最低でも“1,000円”から始められます。

(※LINE FXのキャッシュバックキャンペーン中なら、5,000円を貰えるため実質0円からFXを始められます)詳細はコチラから

1,000円から取引できる通貨ペアは、

  • メキシコペソ/円
  • 南アフリカランド/円
  • トルコリラ/円

です。

ちなみに、「南アフリカランド/円」「メキシコペソ/円」は、なんと“約300円の証拠金で取引可能”です。

とはいえ、LINE FXでは最低入金額が1,000円ですから、約300円でトレードができても、1,000円の入金はしなければいけません。

また、日本人に一番取引されている通貨は、円とドルの通貨ペアである“ドル円”です。

LINE FXは1,000円から始められますが、ドル円相場でトレードする場合、最低入金額は5,000円が必要になります。

そして、もしも全ての通貨ペアでFXトレードをしたいなら、6,000円以上のお金が必要になるので、LINE FXを始めるなら抑えておきましょう。

LINE FX ポイント

  • LINE FXは1,000円から始められる
  • 約300円で取引可能な通貨も存在している
  • ドル円でトレードする場合5,000円が必要
  • 全通貨でトレードする場合6,000円が必要

LINE FXは1,000円で始められ、新興国通貨であれば約300円で取引可能ですが注意点があります。

下記では、新興国通貨でトレードする注意点と、オススメの通貨ペアについて解説します。

新興国通貨でトレードする注意点

新興国通貨とは?

新興国通貨は、日本のような先進国ではなく、“成長過程にある国や地域の通貨”のことを指します。

  • ブラジル=レアル
  • ロシア=ルーブル
  • インド=ルピー
  • 中国=中国人民元
  • 南アフリカ=ランド

などが代表的な新興国通貨です。

これらの国の通貨は、高い金利や運用益が期待できる一方、急に通貨安になるリスクのある通貨です。

特に新興国通貨は、世界的な事件や事故、インフレやデフレなど世界情勢が不安定なタイミングは、暴落する確率が高いので要注意。

FX初心者から新興国通貨でトレードするのは極めて難しいです。

FXには比較的にトレードしやすい通貨があるので、下記ではFX初心者に最もオススメの通貨ペアをお伝えします。

5,000円で始める米ドル/円がオススメ

LINE FXで初心者がトレードするなら、先述でも触れましたが、米ドル/円の通貨ペアであるドル円が一番オススメ。

なぜなら、ドル円は世界第2位の取引量を誇り、流動性が高く価格が安定しているからです。

また、日本とアメリカのニュースは取り上げられることが多く、日本人に馴染み深いので一番最適です。

ですが、中には米ドル/円の通貨ペアに苦手意識を持つ方も出てくると思います。

その時は、他の通貨ペアで何度かトレードを重ね、“勝率の高い通貨ペアを選ぶ”ことをオススメします。

他の通貨ペアで取引する時のポイント

米ドル/円以外の通貨ペアで取引する場合は、「クロス円」と「ドルストレート」があることを抑えておきましょう。

クロス円とは?
クロス円は、ドル円以外の外貨と円の組合せの通貨ペアのことを言います。

3つの通貨で取引する”ため、手数料が高く予測しづらいのが難点です。

ドルストレートとは?
ドルストレートは、米ドルが絡んだ通貨ペアのことを言います。

2つの通貨ペアで取引す”ため、手数料が安く値動きが読みやすいです。

FX初心者からすると、クロス円は3つの通貨が絡むため難しいのでやめておきましょう。

もしも米ドル/円以外の通貨ペアで取引したいなら、ドルストレートでFXをやることをオススメします。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 英ポンド/米ドル

などがオススメです。

「クロス円の仕組みとは?」FXの基本的な通貨の流通状況を理解しよう

2021年3月22日

LINE FXのメリット

では次に、LINE FXでトレードするメリットについて、以下に沿って詳しく解説していきます。

  1. 口座開設時のキャッシュバック
  2. 少額資金から始められる
  3. 通知機能が充実している
  4. 取引コストが非常に安い
  5. スワップポイントが高い
  6. あらゆる手数料が0円

❶ 口座開設時に5,000円キャッシュバック

LINE FXのメリットは、新規口座開設時に“5,000円のキャッシュバック”をしてくれる点です。

LINE FXは、1,000通貨から取引可能で、1,000通貨の取引を10回行っても、5,000円キャッシュバックしてくれます。

(※2021年の2月から、5,000円のキャッシュバックキャンペーンが始まったので乗り遅れずに)

5,000円を貰えるということは、先述でお伝えした通り、米ドル/円の通貨ペアで早速取引ができるということです。

大手企業は太っ腹なキャンペーンを行なっているので、貰える時に貰っておくのが賢い選択と言えるでしょう。

一方で大手ではないFX会社に登録しても、キャンペーンを行なっていない場合が多いので要注意です。

❷ LINE FXなら少額資金から始められる

先述でも触れましたが、LINE FXは実は、2020年12月21日から1,000通貨で取引が可能になり、1,000円からFXをスタートできるようになりました。

そして、米ドル/円の場合“最低資金額は5,000円”なので、手軽に始められるとあって20〜30代の比較的若い男女に大人気。

  • 副業で月に数万円稼ぎたい人
  • 試しにFXトレードを始めたい人
  • 少額から資金を増やしたい人
  • 大金で投資するのが苦手な人
  • キャッシュバックで始めたい人

このような目的のある方でも、気軽に始めることができるのはLINE FXのメリットなので、特にFX初心者に一番最適な会社です。

また、少額資金からコツコツトレードを積み重ね、数十万、数百万円と雪だるまのようにお金が増えてくるところもFXの醍醐味です。

❸ LINE FXは通知機能が充実している

LINE FXには、FX初心者から上級者まで使いやすい取引ツールが充実しています。

普段から私達が使用しているLINEの感覚で、“経済指標や相場の急変動をLINEで通知”してくれます。

さらに相場の急変動通知は、個別に設定可能なので、自分なりにカスタマイズして必要な情報だけ受け取れるところも魅力的。

情報を受け取った後は、そのままLINE FXアプリに移動でき、すぐさまFXトレードで取引可能なのでかなりオススメ。

このLINEの通知機能は、口コミでも良い評判だったので、LINE FXの一つのメリットと言えます。

❹ LINE FXは取引コストが安い

LINE FXでは、業界最狭水準でトレードができるため、他社に比べて手数料が圧倒的に安いメリットが挙げられます。

一般的にはスプレッドは、国内だと“1.0”が平均値ですが、LINE FXはなんと“0.0〜0.2銭”。

他社の約4〜5倍手数料が安いので、お得にトレードできるところがメリットです。

ちなみに、海外FX口座になるとスプレッドが、平均で1.0以上になりますから、LINE FXの凄さがわかると思います。

❺ LINE FXはスワップポイントが高い

LINE FXでは、人気の高金利通貨ペアでのトレードを優遇してくれます。

ちなみに、スワップポイントとは、2つの通貨の金利差から得られる利益のことです。

この金利差を上手に利用して稼ぐこともできるのが、LINE FXの魅力でありメリットの一つ。

FXは為替利益でお金を稼ぐのが一般的ですが、“高金利通貨を買うことでもお金を稼ぐ”ことも可能です。

❻ あらゆる手数料が0円

LINE FXでは、なんと様々な“手数料が無料”です。

例えば、

  • 取引手数料
  • 出勤手数料
  • 口座維持手数料
  • ロスカット手数料
  • 口座開設手数料
  • 即時入金手数料

などなど、一般的にはお金を移動させるのに手数料が掛かるFX会社が多いです。

ですが、LINE FXは全ての手数料が無料なので、“安心して取引できるところがメリット”です。

LINE FXのデメリット

では次に、LINE FXのデメリットについて、詳しく解説していきます。

  1. デモトレードがない
  2. 実績が浅く機能面で課題がある

❶ デモトレードがない

LINE FXは、実はデモトレードのサービスを提供しておらず、前もってトレードの体験をすることが不可能です。

デモトレードとは?
自分のお金を使わず、仮想のお金を使用してFXトレードができるシステムのことです。

一般的にはFX会社が提供するサービスにはデモトレードがあり、事前にシステムの体験が可能です。

前もって体験すると、注文ミスなどの小さな変化に気づけますが、LINE FXはそれができません。

LINE FXでトレードをするなら、FX初心者は発注ミスや操作ミスに注意を払いながらトレードしましょう。

❷ 実績が浅く機能面で課題がある

LINE FXは、2020年の2月からサービス提供を始めたばかりなので、実績が浅く機能面で課題がある点がデメリット。

例えば、

  • LINE Payで出金できない
  • LINE証券の口座間で資金振替不可
  • トレール注文ができない
  • 取引履歴をダウンロードできない

などが挙げられます。

特にFX中級者以上の方であれば、機能面で不足に感じるかもしれません。

ですが、FX初心者にしてみれば、不足に感じない方もいらっしゃるでしょう。

ちなみに、毎月サービスの改善をLINE FXはしているので、安心してトレードができるのは間違いありません。

LINE FXはどんな人にオススメ?

LINE FXがオススメな人

  • 無料でFXを始めたい人
  • 少額から資金を増やしたい人
  • 大手企業を使いたい人
  • お得にFXを始めたい人
  • キャッシュバックで始めたい人
  • 大金で投資するのが苦手な人

このような特徴を持つ方は、LINE FXはピッタリな会社です。

なぜなら、1,000円から始められますし、新規口座開設キャッシュバックキャンペーンでは、“5,000円を貰うことが可能”だからです。

その5,000円を利用してトレードすれば、実質0円(無料)でFXを始められるので、かなりお得に始められることが分かると思います。

また、LINE FXはメリットが多くあり、デメリットも目立たず、世間の口コミ・評判もかなり好評です。

今現在LINE FXは“5,000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中”なので、この機会にFXを始めるきっかにしてみましょう。

まとめ:LINE FXは資金いくらから始められる?

では、改めてまとめをお伝えします。

結論、LINE FXは1,000円で始められる。もしくは5,000円のキャッシュバックを利用して無料で始ることも可能。

先述でもお伝えしましたが、FX初心者は米ドル/円の通貨ペアでトレードすることがオススメです。

米ドル/円の場合、最低資金額として5,000円が必要になりますので、キャンペーンを利用して5,000円をゲットし、そのお金で始めるのが賢い選択と言えるでしょう。

ちなみに、FX初心者のトレード目標は月利10%が妥当です。

始めの数ヶ月はキャンペーンで貰った5,000円でトレードをし、月に500円以上の利益が取れれば目標達成となります。

そして、何度も目標達成を繰り返し、慣れてきたところで10万円ほど入金してみることをオススメします。

10万円の資金を利用してトレードが上手くなれば、月に数万円ほど簡単に稼げるようになるので、本業以外の収入の軸を作るためにも焦らず5,000円から始めてみましょう。

最後まで読んで頂き有難うございました。