【ジョージ・ソロス:13個の名言】伝説投資家のマインドセットを手に入れよう

伝説の投資家であるジョージ・ソロスという男をご存知でしょうか?

この男は、ハンガリー生まれの生粋のユダヤ人で、1兆円を超える資産を持つ人類稀な男です。

そして、史上最強のヘッジファンドである、「クォンタイム・ファンド」を運営しております。

また、1969年に1万円を投資した結果、ジョージソロス の手腕でなんと1997年には資産3000万円以上になっていたと言われる伝説のトレーダーでもあります。

そんな伝説の投資家「ジョージ・ソロス」は、果たしてどんな思考をしているのでしょうか?

そこで今回は、ジョージ・ソロスの名言から学ぶ、投資で利益を上げるためのマインドセットについてご紹介します。

では早速ですがまいりましょう!

ジョージ・ソロス13個の名言!伝説投資家のマインドセットを手に入れよう

1. 生き残れ、儲けるのはその後だ

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

ジョージソロスの本名は、「ゲルジー・シュバルツ」。

ただ、当時はユダヤ人迫害があり、それを逃れるため、現在の名前に改名した経緯があります。

また、ジョージソロスの父「ティヴァダル・ソロス」は戦争から帰ってきた時に、

ソロスに言い聞かせていた言葉が「生き残るには手段を選ぶな」でした。

そんな幼少期の経験から、「何よりも生き残ることを優先し、儲けるのはその後でいい」という思想が生まれました。

2. 市場は常に間違っている

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

大衆は思考のバイアスがかかっている。

その判断は常に偏っており、常に間違えているとジョージ・ソロスは説く。

大衆の意見を懐疑的に捉えることこそ、最強のマインドセットの要でしょう。

相場格言で「人の行く裏に道あり花の山」という言葉がありますが、まさにその通りと言えます。

3. 私達が住む世界は不完全

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

この資本主義社会において、お金を持つ者たちがこの世界を作っている。

ただし、社会は急に変わることはない。

だけど、少しずつ社会を良い方向へと変えていくことは可能だということ。

そして、不完全であるからこそ、マーケットは先が読めないし面白い。

4. 行動の主要概念

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

ジョージ・ソロスには信念がある。

何事も常に疑問を抱き、想定できるあらゆるイメージを膨らませる。

楽観、悲観、現実、この三つを見て、冷静に物事の本質を捉えられます。

そして、一つひとつを丁寧に向き合い、確実に実行へと移していきます。

「どんな手段を講じようとも結果を残す」それこそがソロスの信念です。

5. 成功の力

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

ジョージソロスが口にした「成功」という言葉。

ソロスいわく、「あなたに実現したい社会、理想の未来があるなら、成功すればいい。そうすれば多くの人が耳を傾けてくれる」とのこと。

これは成功者だからこそ言える言葉ですね。

特に成功者は他人にどう思われようが、自分の信念に向かっている特徴があります。

そして、成功することにあまり興味がなく、自分の理想を現実にするために行動していたら「いつの間にか成功していた」なんて方が多いようです。

とても説得力のある名言です。

6. 金融市場の相互作用的関係は極めて重要

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

投資の本質は将来を予測することだが、投資の世界は需要と供給で成り立っている。

それが故に、様々な事象が働くことで、会社、通貨、サービスに影響していく。

そして、お互いに「買うか?」「売るか?」といった風に、個人投資家との心理戦は投資の世界では非常に重要と説いている。

この心理戦こそ、相互作用的関係が働き、需要と供給とのバランスが成り立っている。

7. 金融派生商品は機関投資家のもの

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

金融派生商品(デリバティブ)は、個人投資家では見極めるのが非常に難しいのが現実。

そして、このような商品は、機関投資家を儲けさせるためにあるものだと説いている。

最近は取引自体が複雑化・高速化してきたため、一個人投資家には分かりにくくなっているというデメリットがあるようだ。

8.  お金は儲かるところに移動する

出典:ジョージ・ソロス名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

この金融の世界では、お金は儲かるところに移動していく。

例えば、中国の景気が良ければ中国資本が強くなり、それと同時にオーストラリア・ドルの価値が高まる。

なぜなら、オーストラリアは中国をNo.1とする貿易相手国だから。

こんな風に、お金はすぐに移動していくので、ソロスは常に世界経済の動向をチェックしている。

9. 市場原理は公共政策である

出典:ジョージ・ソロス 名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

市場経済は、需要と供給の調整を行なっている市場です。

ジョージ・ソロスのような個人や、「クォンタイム・ファンド」などの機関が決めている訳ではありません。

「市場経済」は「民主主義社会」と深く結びついていて、個人が自由に買いたいものを買い、売りたいものを売る。

つまり、個人の自由な意思決定のもとで経済が成り立っている。

ただ、市場経済だけだと国全体の経済が見えないので、ソロスは公共政策によって補完されるべきだと説いている。

10.  歴史が繰り返される時は類似点がある

出典:ジョージ・ソロス 名言

 

ポイント: ジョージ・ソロス名言

原理原則という言葉がある通り、人間は何度も同じ過ちを繰り返す生き物。

それが故に、ドイツの哲学者カール・マルクスは「歴史は繰り返す」と説いている。

そのため経済もランダムに動き、時には景気が良くなったり悪くなったりするのが実際のところです。

これが俗に言う量子力学では、ランダムウォークと言われています。

ただ、ソロスは「そこに現れる前兆だったり、パターンを知ることは可能だ!」と言っています。

11.  市場は人間の心理で動く

出典:ジョージ・ソロス 名言

ポイント: ジョージ・ソロス名言

株、為替、仮想通貨などの相場では、大衆心理によって市場が動く。

マーケット参加者が「上がるかもしれない」と思えば、相場は下がる傾向にある。

そして、「売られ過ぎかもしれない」と思えば、上昇するのが相場を動かす心理。

金融市場は数字の世界だが、画面の向こう側には必ず人間がいる。

だからこそ、市場は人間の心理で動く。これこそが投資の本質だ。

12.  マーケットは誰にも予測できない

出典:ジョージ・ソロス 名言

ポイント: ジョージ・ソロス名言

世の中には、様々な要因で株価の変動に影響を及ぼします。

ただし、その要因が株価に必ずしも反応し、セオリー通りにいかないことが多いです。

先述でもお伝えしましたが、株価を動かすのは企業の業績の良し悪しでもなければ、経済指標でもない。

はたまた、アメリカ、中国の動向でもない。「人間の心理」です。

要するに、この先の集団心理がどのように動くのか?については、誰にも予測できないとソロスは説いています。

13.  盲目的にトレンドを追随するな

出典:ジョージ・ソロス 名言

ポイント: ジョージ・ソロス名言

株価が上昇トレンドや下降トレンドにある場合、何も考えずに追随してはいけないということ。

例えば、「売って利確した人が増え、上昇の勢いにブレーキがかかっているのでは?」と思ったり、

「損切りできない人が溜まっていて、まだまだ上昇するのではないか?」と人の心理を読み取ったり、

トレンドが出たから追随するのではなく、何かしらの根拠を持った上でエントリーする重要性をソロスは説いています。

ジョージ・ソロスの名言から学び、普段から意識してマーケットに臨もう

いかがでしたでしょうか?

伝説の投資家「ジョージ・ソロス」の頭の中を覗き見できましたか?

この機会に学べることがあったら、これからの投資人生で意識してみてください。

では改めて”まとめ”をお伝えします。

まとめ: ジョージ・ソロス 名言

  • 生き残れ、儲けるのはその後だ
  • 市場は常に間違っている
  • 私達が住む世界は不完全
  • 行動の主要概要
  • 成功の力
  • 金融市場は相互作用的関係
  • 金融派生商品は機関投資家に有利
  • お金は儲かるところに移動する
  • 市場原理は公共政策である
  • 歴史が繰り返す時、類似点がある
  • 市場は人間の心理で動く
  • マーケットは誰にも予測できない
  • 盲目的にトレンドを追随するな

最後に「ジョージ・ソロス」のこの名言を皆さんにお届けします。

肝に銘じておきましょう。

常に冷静に相場に向き合い、感情を出さず、コンピューターのように淡々とこなすことが、結果を出す近道かもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽

FXで稼ぐマインドセットの身に付け方10選!勝ちトレーダーの思考法とは?

2021年5月30日